アイメイト ウェイ トップへ戻る

アイメイト(盲導犬) ウェイ

盲導犬の育て方を紹介します。アイメイト(盲導犬)の育成と歩行指導を通じて、視覚障害者の自立を支援する協会のサイトです。 メニューをスキップして本文へ

盲導犬
[ここから本文]
アワ ウェイ 私たちの犬の育て方

アイメイトはどんなふうに生まれ、どんなふうに育てられ、どんな訓練を受けて立派な盲導犬へと成長していくのでしょうか?アイメイトが使用者と出会うまでの、約1年半のストーリー。

アイメイトは、繁殖奉仕と呼ばれるボランティア家庭で産声をあげます。お父さんとお母さんは、アイメイト協会が独自に確保した優秀な犬で、繁殖は計画的に行なわれています。赤ちゃんに名前を付けるのも、繁殖奉仕のしごとのひとつ。将来、使用者がアイメイトを呼んだとき、たまたま周囲に居合わせた他の犬や人の名前と同じだと困ります。ですから、チャンピイやベルナといった、ちょっぴり変わった名前を付けるようにしているのです。

生後まもなく、赤ちゃんたちはそれぞれ、飼育奉仕と呼ばれるボランティア家庭に預けられます。小さな子供やおじいちゃんおばあちゃんなど、いろんな世代がいっしょに暮らしている家庭でさまざまな人たちに触れ、愛情をたっぷりと注がれる毎日。そんな環境の中でアイメイトは、社会への適応性や、安定した情緒などを育んでいきます。

そして1歳を少し過ぎた頃、子犬たちは、育ててくれた家族のもとをはなれ、アイメイト協会へとやってきます。まずは1ヶ月をかけて、聴力をテストしたり性格を見極めたりして、アイメイトとしての適正があるかどうかを判断。問題がなければ、協会の歩行指導員というスタッフに預けられます。アイメイトになるための、訓練のはじまりです。

訓練は大きくみっつに分かれます。ひとつめは、アイメイトとして必要な科目を教え、人に従う心と学ぶ姿勢といった基礎をつくる「基礎訓練」。ふたつめは、ハーネスを装着し、視覚障害者が歩くときに障害や危険となるものを知らせたり回避したりできるようにする「誘導訓練」。みっつめは、歩行指導員が自ら目隠しをしておこなう「仕上げおよびテスト」。およそ120日にわたる訓練で、アイメイトとしての心技体を備えていくのです。

たとえば、「お手」や「お座り」しか知らなかった犬たちが、訓練を終える頃には約30もの命令を聞き分け、それに従うようになっています。「カム(おいで)」「スィット(お座り)」「ダウン(ふせ)」「ライト(右)」「レフト(左)」「ゴー(前進)」「ドア(ドアノブを捜して鼻を付ける)」「チェアー(椅子を捜してアゴをのせる)」など。男女どちらも言い方が同じで、周りの人が聞いてもきつく感じない簡潔な言葉として、英語が使われています。

ただし、命令に従わないほうが正しい場合もあります。「ゴー(前進)」の命令を出しても、車などが近付いて危険なときは、一歩もそこを動かない。これを『利口な不服従』と呼んでいます。また、樹木の枝や看板類など、犬の高さでは通れても人間にはぶつかってしまう障害物がありますから、それらを危険だと判断できるようにしなければなりません。どちらも歩行指導員が、根気よく教え込んでいきます。

それでも、どれだけ訓練を重ねても、アイメイトになれない犬たちもいます。視覚障害者の安全や生命にかかわることですから、規準を厳しくするのは当然のこと。将来問題を起こす可能性が考えられる犬を、アイメイトにはできないのです。ただし、もともとしつけも血統もよいので、家庭犬として飼うにはなにも問題はありません。そうした犬たちは、ボランティア家庭に引き取られ、大切に育てられることになります。

私たちの来た道 私たちの犬(盲導犬)の育て方 私たちの歩行指導方法 私たちのスタッフ

Copyright(c)公益財団法人アイ メイト協会. All rights reserved.