アイメイト ウェイ トップへ戻る

アイメイト(盲導犬) ウェイ

盲導犬についての正しい知識。協会によって異なる盲導犬の定義など。アイメイト(盲導犬)の育成と歩行指導を通じて、視覚障害者の自立を支援する協会のサイトです。 メニューをスキップして本文へ

盲導犬
[ここから本文]
ユア ウェイ 正しい知識を持つこと

私たちの協会が「盲導犬」ではなく「アイメイト」という呼称を使っている理由。各盲導犬育成団体は工夫をしながら、独自の基準で事業を進めていること。これらを正しく理解していただくことが、アイメイト事業や使用者とアイメイトにとって、大きな力になります。

盲導犬の定義は、育成団体ごとに大きく異なる

日本ではひと口に「盲導犬」と呼ばれていますが、米国では「Seeing Eye Dog」「guide dog」「leader dog」など、いくつかの呼び方があります。たとえば「Seeing Eye Dog」と呼べるのは、米国でもっとも優れた技術や歴史、哲学を誇る団体The Seeing Eye inc.が送り出した犬だけ。つまり米国では、出身団体や犬の能力などによって、それぞれ呼び方が異なるのです。日本においても、下の表のように、定義だけを見ても育成団体ごとに違いがあります。なお、当協会を含む11の盲導犬育成団体には、上部組織や代表組織はありません。各育成団体がそれぞれの基準に基づいて事業を行なっています。



   
アイメイト協会
  その他の盲導犬育成団体
呼称   アイメイト   盲導犬
定義   全盲者が晴眼者の同行や白杖の併用なしで犬とだけで単独歩行できる。   下記のように協会によってまちまちです。
・白杖との併用が前提。
・原則として晴眼者が同行する。
・限定した場所のみ歩行できる。
・全盲者は対象としない。
※全盲者が単独歩行できる協会もあります。
盲導犬事業にまつわるFAQ

「日本は盲導犬の数が足りない」「訓練を経て盲導犬になれる割合が低い」といった情報が、「だからもっと多くの寄付が必要です」というお金集めのために流されるのは、あってはならないことです。以下は、よくあるご質問です。

日本は欧米と比べて遅れている?

確かに使用者の数だけで見ますと、米国では約1万人、英国では約4千人、日本では約1千人弱です。しかし、欧米では「犬は身近な仲間」との意識が強く、単独歩行が可能な弱視者も盲導犬を使用するケースが少なくありません。数だけの比較ではなく、文化を含む社会背景を考慮することが本質を把握することにつながります。

視覚障害者の数に対して、盲導犬が圧倒的に少ない?

一種一級の視覚障害者約12万人に対して、盲導犬の数は1000頭ほどであると言われることがあります。しかし、全員が犬を歩行の助けとして共に歩きたいと望んでいる訳ではありません。12万人の中には高齢者・幼児・重複障害者も含まれています。
 また、『盲導犬使用者になりたい』という人と、犬との歩き方を修得したりきちんと管理したりできる人の数も一致しません。犬を安全な歩行手段として利用するには、使用者自身の意思や能力が重要で、犬の力を使うことにより自分の歩行問題を解決しようと選択し、その能力も有している人の数はそれ程多くはないと考えます。当協会の実績と経験から、潜在需要は4000人位と推察しています。

訓練して盲導犬になれる犬は2~3割しかいない?

当協会では素質の良い犬を両親に選び、繁殖を行っています。それに加え、50余年の歴史の中で培い受け継いできた高い訓練技術によって、生まれた子犬の約7割をアイメイトとして輩出しています。

盲導犬は吠えないように訓練されているのか?

視覚障害者のご主人と常に行動を共にする盲導犬は、電車、ホテル、劇場、レストランなど、様々な場所に一緒に出かけます。社会で共に暮らす仲間として、アイメイト協会でもアイメイトにはむやみにムダ吠えをしないように教えています。しかし、それは痛いと思っても吠えないように訓練しているものではありません。そのようなことはできるものではなく、したがって、そのような訓練もしていません。

盲導犬の寿命は短いのか?

使用者はアイメイトの健康管理と維持に細心の注意を払っています。多くのアイメイトが12歳ぐらいまでに引退します。その後は、リタイア犬飼育のボランティア家庭でゆったり老後を送れるようにしています。中には、18年以上生きた長生きの犬もいます。
犬は特定の主人と暮らす習性がありますので、当会ではリタイア犬を集団ではなく一家庭で、家族の一員として受け入れていただいています。

あくまで人が主役、犬が名脇役

実際の人と犬との関係を考えたとき、単に「盲を導く犬」とは言い表せないのではないでしょうか。盲導犬という呼び方では、「利口な犬が盲人を連れて歩いている」と受け取られがちです。しかし実際は、犬が自発的に仕事をするのではありません。十分に歩行指導を受けた視覚障害者からの命令を受け、その指示に従って誘導します。人と犬の協同作業によって初めて移動することができます。

つまり、どこへでも自発的に連れて行ってくれる「スーパードッグ」などいないのです。

私たちの事業の目的は、視覚障害者の自立にあります。ヘルパーなど他人の助けを借りず、自由にどこにでも歩行できるようになれば、視覚障害者の抱える問題の50%は解決できると考え、そのお手伝いをするのが私たちの精神です。「視力はなくても、心の視野の広い、明るく積極的な社会人になりましょう」を合言葉にしています。

自立を実現するために重要なのは、なにより本人が問題を克服しようという意識です。私たちは歩行指導の際にも、直接手を貸すことは必要最小限にとどめています。視覚障害があっても、普通の生活を送る必要性を体得してもらうためです。

ここまでお話ししてきたような思いから、私たちは「盲導犬」ではなく、独自の名前を付けることにしました。

「アイは I 私」「アイは EYE 目」「アイは 愛 LOVE」「アイメイトは私の愛する目の仲間」。

使用する視覚障害者と犬との信頼関係や使用者同士の連帯、アイメイト協会出身者・出身犬としてのプライドといった意味を込め、「アイメイト」と呼ぶことにしたのです。米国の「Seeing Eye Dog」のように、いわばブランドとして一般に認知され、なにより使用者たちの自信につながれば、私たちはうれしく思います。

正しい知識を持つこと アイメイト(盲導犬)や視覚障害者を街で見かけたら アイメイト(盲導犬)をサポートするには

Copyright(c)公益財団法人アイ メイト協会. All rights reserved.