3月見学日のご案内

posted on 2019年3月20日

花の便りが聞かれる頃となりました。

今月の見学日が実施される頃、東京はちょうど桜が満開になると予想されています。

お天気がよければ、桜の花びらの舞い散る中、春の空気を感じながらアイメイトと体験歩行をすることができるかもしれません。(体験内容はその回、天候などによって異なります)

開催日時は、2019年3月30日(土)14:00~です。(所要時間:約2時間)

随時、お申し込みを受け付けています。

【申込方法】参加ご希望の方は、協会宛に電話(03-3920-6162)でお申し込みください。(ファックス・メール不可)

【内容】職員による説明、協会施設見学の他、目隠しをして実際にアイメイト(盲導犬)と歩く「体験歩行」またはその他ロールプレイングのコーナーもあります。(体験内容は回によって異なります)

【対象】小学校5年生以上~大人の方

【会場】(公財)アイメイト協会 東京都練馬区関町北5-8-7

アクセス情報はこちらです。

【その他】駐車場のご用意はございませんので、公共交通を使ってお越しくださいませ。

次回の見学日は、4月27日(土)14:00~です。後日改めてご案内いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

満開の桜とアイメイト候補犬(2017年撮影)
この記事をシェア

「支援者インタビュー」を公開しました

posted on 2019年2月22日

協会公式ホームページで「支援者インタビュー」を公開しました。

「支援者インタビュー」では、協会事業をご支援くださっている法人・個人の方々に、支援を始めてくださったきっかけや、日ごろ視覚障害者やアイメイト使用者とどう接しているのかなどを伺います。

アイメイトの一生には、多くのボランティアの方々が関わってくださっています。生後2か月のアイメイト候補の子犬を約1年育てる「飼育奉仕」、現役を退いたアイメイトを迎え入れる「リタイア犬奉仕」、アイメイトには向かないと判断された犬を家庭犬として受け入れる「不適格犬奉仕」などがあります。

それぞれのボランティア活動の趣旨をご理解いただき、各ご家庭に合う形でご協力くださっています。

今回は、飼育奉仕・不適格犬奉仕の斉藤裕見子さんにお話しを伺いました。

今後も、色々な立場の方のインタビューを掲載予定です。

この記事をシェア

「支援者インタビュー」を公開しました

posted on 2019年2月15日

協会公式ホームページで「支援者インタビュー」を公開しました。

「支援者インタビュー」では、協会事業をご支援くださっている法人・個人の方々に、支援を始めてくださったきっかけや、日ごろ視覚障害者やアイメイト使用者とどう接しているのかなどを伺います。

人間にとっても犬にとっても、食べることは健康管理の基本の1つです。社員のお一人おひとりが視覚障害やアイメイトについて学びを深め、約20年、様々な形で支援を継続してくださっています。

今回は、株式会社バンガードインターナショナルフーズ 寺嶋秀司さんにお話を伺いました。

今後も、色々な立場の方のインタビューを掲載予定です。

この記事をシェア