使用者インタビューを追加しました

posted on 2018年11月13日

使用者インタビュー追加のお知らせです。

新たに公開したのは、「家族、天職、そしてアイメイトに恵まれた人生」です。

アイメイト使用者とアイメイト(盲導犬)のペアの数だけストーリーがあります。アイメイト使用者だからこそ語れる言葉を、ぜひご覧ください。

「60年記念ライブラリ」では、アイメイト(盲導犬)の歴史 を紹介したり、使用者インタビュー を掲載したりしています。アイメイト(盲導犬)を使用し社会参加する視覚障害者は、どのように暮らしているでしょうか。インタビューを軸として、使用者の立場から現在の状況を描き出しています。今後も使用者インタビューを追加予定です。

※アイメイト:アイメイト協会 出身の盲導犬です。

この記事をシェア

代表理事 塩屋隆男が「平成30年度練馬区民表彰(社会福祉功労)」を受賞しました

posted on 2018年11月9日

公益財団法人アイメイト協会代表理事 塩屋隆男はこのほど、練馬区の生活や文化の向上に功労があったとして「平成30年度練馬区民表彰(社会福祉功労)」を受賞いたしました。

11月7日(水)、ホテルカデンツァ光が丘で開催された表彰式にて、表彰状と記念のピンブローチをいただきました。

職員と記念写真
表彰式会場にて
前川練馬区長より表彰状を授与

アイメイト協会代表理事 塩屋隆男より

1957年、国産盲導犬第1号のチャンピイと河相洌さんのアイメイトペアは、ここ練馬区で誕生しました。以来、当会は、練馬区を拠点にわが国における盲導犬事業のパイオニアとして「視覚障害者の歩行問題解決のお手伝い」を使命に活動を続けています。

協会事業は、区役所庁舎をアイメイトの訓練場所として提供してくださるなど、日々当会を応援してくださっている練馬区をはじめ、多くの方々のご支援で成り立っています。

また、当会を卒業したアイメイトペアは1,358組を超え、国内で最多の卒業実績をあげています。これからも初心を忘れず、視覚障害者福祉の事業に取り組んでまいります。

 

【報道発表資料】公益財団法人アイメイト協会 代表理事 塩屋隆男が「平成30年度練馬区民表彰(社会福祉功労)」を受賞

この記事をシェア

使用者インタビューを追加しました

posted on 2018年10月24日

使用者インタビュー追加のお知らせです。

新たに公開したのは、「美しいアイメイト歩行は視覚障害者の誇り」です。

アイメイト使用者とアイメイト(盲導犬)のペアの数だけストーリーがあります。アイメイト使用者だからこそ語れる言葉を、ぜひご覧ください。

「60年記念ライブラリ」では、アイメイト(盲導犬)の歴史 を紹介したり、使用者インタビュー を掲載したりしています。アイメイト(盲導犬)を使用し社会参加する視覚障害者は、どのように暮らしているでしょうか。インタビューを軸として、使用者の立場から現在の状況を描き出しています。今後も使用者インタビューを追加予定です。

※アイメイト:アイメイト協会 出身の盲導犬です。

この記事をシェア