競輪補助事業完了のお知らせ

posted on 2019年7月31日

 

 

 

 

競輪補助事業完了のお知らせ

 

この度、2019年度の競輪の補助を受けて、以下の事業を完了いたしました。

本事業の実施により、視覚障害者が訓練場所へ移動する手段の確保、車両の接近を体感する訓練の実施など、円滑な歩行指導が可能になりました。

ここに事業完了のご報告を申し上げますと共に、公益財団法人JKAをはじめ、ご協力を賜りました関係者の皆様に謹んで感謝の意を表します。

 

 

事業名   2019年度福祉車両の整備補助事業

事業の内容 視覚障害者送迎車両の整備事業

補助金額  1,725,000円

実施場所  東京都練馬区関町北5丁目416-14

完了年月  2019年7月18日

 

本事業の実施により整備された視覚障害者を送迎するための車両

 

視覚障害者の訓練場所への移動やアイメイト候補犬の訓練に使用します

公益財団法人アイメイト協会

代表理事 塩屋 隆男

この記事をシェア

「事業紹介コラム」第三回を公開しました

posted on 2019年7月24日

公式ホームページのコンテンツを公開しました。

 

今回追加したのは、協会の仕事をレポートする「事業紹介コラム」の第三回「アイメイトと社会に出るために」です。

 

「事業紹介コラム」は、レポーター・アイコがアイメイト協会の日々の仕事を密着取材してお届けする不定期連載のコラムです。アイメイトと共に歩きたいと希望する視覚障害者は、協会で行われる4週間の合宿形式の歩行指導を受け、様々なことを学び、習得する必要があります。

 

これまで、歩行指導初日の様子、そして、アイメイトとなる犬との初対面の様子などについてお伝えしてきました。

 

第三回では、4週間の合宿形式で行われる歩行指導の間の生活についてレポートします。アイメイト協会の歩行指導は、全国の方を対象にしています。歩行指導を受けるために集まる生徒の皆さんは年代も出身地もさまざま。皆さんがどのように過ごしているのか、写真を交えて紹介します。ぜひご覧ください。

アイメイトになる犬とはいつも行動を共にする
この記事をシェア

練馬区役所と西武鉄道の施設で アイメイトの実践的な訓練開始から2周年

posted on 2019年7月18日

7月もあっという間に半ばを過ぎました。

梅雨らしいお天気に青空が恋しくなりますが、道端に咲く紫陽花はこの季節ならではの季節の美しさを感じさせてくれます。

 

2年前の2017年から、アイメイト(盲導犬)を育成するための実践的な訓練場所として、練馬区の区役所庁舎と西武鉄道を利用させていただいています。7月26日に、2周年を迎えます。

 

アイメイトの訓練は主に街中で行いますが、実際の公共の施設や鉄道を利用できる機会はほとんどありません。そのような中、練馬区役所と西武鉄道のご協力のもと、各施設内で繰り返し訓練を行えるようになったことは、視覚障害者の安全で迅速な歩行を支えるアイメイトの育成の大きな後押しになっています。

練馬区役所の窓口前のベンチ
西武鉄道の駅での、電車の乗降訓練の様子

練馬区役所と西武鉄道でのアイメイト訓練の成果も含め、リリースを発表いたしました。

こちらからご覧いただけます。

練馬区役所と西武鉄道の施設でアイメイト(盲導犬)の実践的な訓練開始から2周年

 

皆さまのご支援・ご協力に感謝し、これからも視覚障害者福祉の事業に取り組んでまいります。

この記事をシェア