動画で知るアイメイト


アイメイト(盲導犬) 視覚障害者の“目”となって

歩行指導、訓練の様子、アイメイト(盲導犬)使用者のインタビューを通して、アイメイト(盲導犬)歩行の実際やアイメイト協会の概要を学ぶことができます。(8分49秒)


アイメイト(盲導犬)の歴史

国産盲導犬第一号のチャンピイの誕生から、視覚障害者がアイメイト(盲導犬)と共に社会に参加する道を切り開いてきた歴史を紹介しています。(4分17秒)


アイメイト(盲導犬)使用者の誘導 – 駅

駅構内でアイメイト(盲導犬)使用者が迷っているときに、改札の方向を伝えたり、誘導したりする方法を説明しています。(1分33秒)


アイメイト(盲導犬)使用者の誘導 – 街中

街中でアイメイト(盲導犬)使用者が道に迷っている際の、正しい方向の伝え方や誘導の仕方を説明しています。(1分34秒)


アイメイト(盲導犬)使用者の誘導 – レストラン

飲食店で食事をする際、アイメイト(盲導犬)使用者を入口から席まで誘導する方法や、テーブルに並ぶ食器や食べ物の位置を教える方法(クロック・ポジション)を紹介しています。(1分40秒)

これらの動画はアイメイト60周年記念として、公益財団法人JKAによる競輪補助事業(競輪公益資金)により制作されました。公共教育機関向けに動画収録DVDをお送りしていますので、下のボタンからお申込みください。なお在庫が無くなりしだい配布終了となります。

動画DVD 申込み

アイメイト使用者に出会ったら

優しく見守ってください

多くのアイメイト使用者(視覚障害者)は、「目は見えなくても、できる限り自分の力で解決したい」「多少時間がかかったとしてもできることは自分でしたい」と考えています。だから、もし街でアイメイト使用者を見かけたら、まずは、少し離れたところから優しく見守ってください。何かサポートしたいと思われたときも、できるだけすぐに手を出さずに、どうすればよいのか、声で教えてください。じれったく感じることがあるかもしれませんが、視覚障害者にとっては、次にひとりでできるようになるための、大切な時間です。その時間を一緒に過ごしていただけないでしょうか。

アイメイト使用者が話す「こんなサポートがうれしい」

「目の見えない私たちは、誰かに助けを求めたくても、どの方向に声をかけていいのかわかりません。そんなとき、『何かお手伝いできることはありますか?』と声をかけてもらえると、ほっとします」「雨が降っていて、車や人の流れや音から判断できず、横断歩道の真ん中で立ち往生してしまったとき、『もうすぐ信号が赤に変わりますよ』と声をかけてくれた方がいて、歩き出すことができました」

「電車に乗ろうとしたとき、『この駅は、ホームと電車の隙間が大きいので、気をつけてください』と教えてくれたので、安心して電車に乗れました」

「最近の駅は自動改札が多いので、どこから入ったらいいのか迷っていたら、『そこから3つ目の改札から中に入れますよ』と声をかけてくれた方がいました。特にラッシュのときなどはこういう声かけに救われます」

「声をかけるときには、「通りかかった者です」「この駅の駅員です」などご自分がだれなのかを伝えていただけると助かります。」

アイメイト使用者へのサポート方法

声でサポートする

横断歩道なら、「青ですよ」「もうすぐ信号が変わりますよ」「赤になりましたよ」などの情報を声で教えてください。駅のホームなら、「そのまま行くとホームの端っこですよ」「階段は逆方向ですよ」などといった状況が想定されます。ただし、危険を感じたときには、「危ない!」「ストップ!」など、大きな声で知らせてください。

危険が迫っていると感じたときでも、アイメイト(盲導犬)のハーネスに触ったり、後ろから押したり、体を抱きかかえたりすることは、新たな危険をうむ可能性があります。ときにはどうしてもそこまでしなければ危ないというケースもあるかもしれませんが、相手は目の前の状況に気づいていない人です。できるだけ無理のないように、声でサポートしてください。

方向や場所を教える

アイメイト使用者に方向を伝えるときは、その人の左後ろに立って、「前後左右」で方向や場所を示してください。「1時の方向に階段がある」など、時計の針の角度で方向を示すことも有効です。また、音や匂いなどの目標物も役に立ちます。

一緒に歩く

狭い場所などでアイメイト使用者を誘導して歩くときは、ハーネスを持っていないほうの手(右手)をあなたの左ひじ(もしくは左肩)につかまらせるようにしてください。

エスカレーターに誘導する

ハーネスを持っていないほうの手(右手)が、ベルトに掛かるように教えてあげてください。アイメイト使用者は、ベルトの傾きから降りるタイミングを判断することができます。

60周年記念ライブラリ

アイメイト(盲導犬)の歴史

History

アイメイト(盲導犬)の歴史のなかで、パイオニア(先駆者)となった初期の使用者は、市民権を得るためにどのような努力をしてきたのでしょうか。現在でも終わってはいない差別や誤解との闘いは、アイメイト(盲導犬)の歴史の主要な部分を占めています。貴重な証言や写真を史料としてまとめる取り組みを進めてまいります。

アイメイトの歴史 記事一覧

使用者インタビュー

Interviews

アイメイト(盲導犬)を使用し社会参加する視覚障害者は、どのように暮らしているでしょうか。インタビューを軸として、使用者の立場から現在の状況を描き出します。今後の使用を検討する視覚障害者のかたや、現代社会とアイメイト(盲導犬)の関わりに興味をお持ちのかたに役立つよう願ってお届けしてまいります。

自立心とアクティブ・ライフを支えるアイメイト 八田冴子さん

  • 女性
  • 39歳以下
  • 関東在住
  • 法人・団体職員

2018年7月20日

いつも笑顔、明るい家族 石田名奈江さん

  • 女性
  • 40歳~59歳
  • 関東在住
  • 法人・団体職員

2018年5月30日

使用者インタビュー 記事一覧