練馬区役所と西武鉄道の施設での訓練

posted on 2017年6月23日

このほど、障害者福祉を促進する練馬区・社会貢献を推進する西武鉄道のご協力のもと、アイメイト(盲導犬)の実践的な訓練場所として練馬区役所と西武鉄道の施設を 7 月 26 日より利用させていただけることになりました。

報道発表資料はこちらからご覧いただけます。

 

「誘導訓練」は、アイメイト(盲導犬)育成において非常に重要な訓練です。ハーネスを装着し、主人である視覚障害者からの指示に従って安全に誘導することを教えます。視覚障害者の安全な歩行のために、多くの人が行き交う場所で実践的な訓練を行う必要があります。

しかし、屋外で行う訓練は天候などによって計画通りに進められないことがあります。

そのような時でも練馬区役所の広い屋内空間では、設置されている階段、エスカレー ター、エレベーターなどを利用して訓練を進めることができるようになります。

また、アイメイト使用者が移動する際、多くの場合公共交通機関を利用します。中でも鉄道は頻繁に利用します。日常的にアイメイト使用者が利用するすべての場面を想定して、駅構内、改札口周辺、駅ホーム、電車乗降、電車内などで訓練をします。

 

今回、練馬区と西武鉄道のご厚意によりすばらしい訓練環境が整いました。どうもありがとうございます。それによって、アイメイト(盲導犬)の育成がさらに順調に進み、多くの視覚障害者とアイメイトのペアが新たな一歩を踏み出せるものと期待されます。日々の訓練、歩行指導を着実に進めてまいります。

この記事をシェア

使用者インタビューを追加しました

posted on 2017年6月13日

皆さんこんにちは。
あちこちで、色鮮やかなあじさいの花を見かける季節になりました。

さて、先日お知らせしました通り5月17日にアイメイト協会公式ホームページをリニューアルオープンしました。

2017年は、国産盲導犬第一号ペア誕生から60年目のメモリアル・イヤーです
そこで、従来のページに加え「60周年記念ライブラリ」を設け、アイメイト(盲導犬)の歴史を紹介したり、使用者インタビューを掲載したりしています。
アイメイト(盲導犬)を使用し社会参加する視覚障害者は、どのように暮らしているでしょうか。
インタビューを軸として、使用者の立場から現在の状況を描き出しています。

今回、使用者インタビューを2件追加掲載しました。
私の前に茨の道はない
アイメイトに寄せる奥深き愛情


アイメイト使用者とアイメイト(盲導犬)のペアの数だけストーリーがあります。
アイメイト使用者だからこそ語れる言葉を、ぜひご覧ください。
今後も使用者インタビューを追加予定です。

この記事をシェア

公式ホームページをリニューアル公開しました

posted on 2017年5月17日

本日5月17日、アイメイト協会公式ホームページをリニューアル公開しました。

2017年は、「アイメイト60周年」のメモリアル・イヤーです。
従来のページに加え「60周年記念ライブラリ」を設け、アイメイト(盲導犬)の歴史を紹介したり、使用者インタビューの掲載も開始しました。

アイメイト(盲導犬)の歴史
アイメイトの歴史は、国産盲導犬第1号の『チャンピイ』が、盲学校教師の河相洌(きよし)さんと歩み始めた1957年に始まりました。
それから60年の歳月を経て、1300組を超えるペアが、アイメイト歩行を通じて歩行の自由を実現しています。
当会創設者塩屋賢一が、河相冽さんとチャンピイの歩行指導を行ったのは
1957年でしたが、アイメイト育成の試行錯誤のはじまりは、そこからさらに9年前、
1948年までさかのぼります。
当時の貴重な写真を交えてくわしく紹介しています。
そして、河相冽さんをはじめ黎明期の使用者による「アイメイト60年史・証言」は必読です。ぜひ歴史の重みある言葉を感じていただければと思います。


写真:河相冽氏(右から2番目)、チャンピイ、塩屋賢一(右)

使用者インタビュー
アイメイトと共に社会参加する視覚障害者は、どのように暮らしているのでしょうか。
インタビューを軸として、使用者の立場から現在の状況を描き出します。
インタビューはこれからも追加予定で、今後アイメイト使用を検討する視覚障害者の方や、
現代社会とアイメイトの関わりに関心をお持ちのかたに役立つことを願ってお届けしてまいります。

また、以前公開したアイメイトの啓発PR動画「ASAKUSA AMAZING GUIDE」の特設サイトとムービーにも、リニューアルしたトップページよりアクセスしていただけます。

この記事をシェア