7月見学日のご案内

posted on 2019年7月11日

最近は、すっきりと晴れる日が少なく、少し肌寒い日も続いていますね。

 

今日は、7月の見学日のご案内です。

見学日は、1月から11月まで月1回、一般の方向けに開催しており、アイメイト(盲導犬)使用者や、視覚障害者について理解を深められるプログラムになっています。

 

日程:2019年7月27日(土)

時間:14:00~16:00(約2時間)

場所:公益財団法人アイメイト協会 (〒177-0051 東京都練馬区関町北5-8-7)

アクセス情報こちらです。

主な内容:職員による説明(協会事業、歴史についてなど)、協会施設見学、アイメイトとの体験歩行、アイメイトの仕事のデモンストレーション、ロールプレイングなど

対象:小学校5年生以上~大人の方

定員:30名

申込方法:電話(03-3920-6162)でお申し込みください。

(FAX・メール不可。電話受付時間は火~土曜日、9:00~12:00/13:00~17:00)

その他:駐車場はございませんので、公共交通を使ってお越しください。

 

次回の見学日は、8月31日(土)14:00~です。後日改めてご案内いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております。

歩行指導では、歩行指導員が生徒(視覚障害者)にアイメイトとの歩き方や健康管理について指導する
この記事をシェア

公益財団法人JKAの特設サイトで、アイメイト協会の事業が紹介されました

posted on 2019年7月3日

「競輪とオートレースの補助事業」の新CM【福祉編】に引き続き、公益財団法人JKAの補助事業による支援活動を紹介するウェブサイト「CYCLE JKA Social Action」が開設されました。

 (※CMについての詳細は、こちらをご覧ください)

 

「CYCLE JKA Social Action」の動画より

 

(公財)JKAが実施する補助事業の一部として、アイメイト協会の事業を動画と記事コンテンツ「ある日、突然目が見えなくなったら?—アイメイト協会」で掲載していただきました。現役のアイメイト使用者の取材や当会代表理事・塩屋隆男へのインタビューを通して、視覚障害者の抱える課題、使用者にとってのアイメイトの存在について、当会の使命と事業などが、写真を交えわかりやすく書かれています。

 

記事の中で現役アイメイト使用者は、突然視力を失ってから、どのような思いでアイメイトと歩き出す決断をしたのか、アイメイトと歩くようになって起きた仕事や趣味に対する心境の変化、自分にとってのアイメイトの存在の大きさなどを語っています。

代表理事・塩屋隆男は、視覚障害者やアイメイト使用者を取り巻く社会環境、視覚障害者の歩行問題解決のお手伝いという当会の使命、誰もが安心して生きられる社会のために大切なことなどをお話ししました。

 

「身近なところから社会は変えられる、半径1mの手が届くところからどのような人に対してもやさしい社会とすることができる」というメッセージを込めて、ウェブサイト「CYCLE JKA Social Action」では、(公財)JKAが補助事業を通じて社会的課題等に取り組んでいることを広く社会に紹介しています。

この記事をシェア

「事業紹介コラム」第二回を公開しました

posted on 2019年6月26日

公式ホームページのコンテンツを公開しました。

今回追加したのは、協会の仕事をレポートする「事業紹介コラム」の第二回「アイメイトとの運命の出会い」です。

 

レポーター・アイコがアイメイト協会の日々の仕事を密着取材してお届けする不定期連載のコラムです。アイメイトと共に歩きたいと希望する視覚障害者は、協会で行われる4週間の合宿形式の歩行指導を受け、様々なことを学び、習得する必要があります。

第一回「今日から歩行指導がスタート」では、歩行指導初日の入校式の様子、どのような人が指導を受けに来ているのか、アイメイトと歩くための基本などについてお伝えしました。

第二回では、いよいよアイメイトとなる犬と対面します。これから共に歩む大切なパートナーとの出会いの瞬間とは?お互い初対面ですが、どのようにして信頼関係を深めていくのでしょうか。ぜひご覧ください。

 

これから長い時間を共に歩むパートナーとの初対面。1つ1つの積み重ねが信頼関係を深めます

 

この記事をシェア