「アイメイト調査2020」の結果を公表しました

posted on 2020年3月27日

街のあちこちで、色とりどりの花を目にする季節となりました。

 

さて、「障害者差別解消法」の施行(2016年4月1日)からもうすぐ丸4年を迎えようとしています。

 

アイメイト協会では、全国の現役アイメイト使用者を対象にしたアンケート調査を2016年から毎年実施しています。本年も調査を行い、その結果を本日公表しました。

 

今回の調査結果からは、法律の施行から4年目にあたる2019年4月1日から2020年2月までの間に、全体の62.0%(57人)の人がアイメイト(盲導犬)を理由に「入店拒否」などの差別的な扱いを受けたことがわかりました。

 

同じ質問についてこれまでの調査結果を確認すると(回答者及び回答者数は異なる)、 2017 年3 月が 62.0%(75人)、 2018 年 3 月は 63.0%(75人)、 2019 年 3 月は 52.9%(45 人)でした。「東京オリパラ」を前に改善されていくことが期待されましたが、状況はほとんど改善しておらず、依然として多くの使用者が差別被害に遭っている状況が確認されました。

 

障害者差別解消法の目指す目標である、お互いを尊重する共生社会の実現の達成度合いについては、「さらなる取り組み」を求める声が8割以上になりました。

 

障害のある人もない人も互いに尊重し、支えあう共生社会を実現するために「東京オリパラ」後も引き続き注力していくべきことについても尋ねました。ハード面の整備である「都市や街づくりにおけるより一層のバリアフリー化」をおさえて、「教育を通じた障害者への理解促進」が最多(41人、44.6%)の回答となりました。

 

今回の調査結果の公表により、共生社会へさらに一歩近付き、だれもが共に、より暮らしやすい社会に発展していくことを目指しています。

 

調査の詳細は、調査報告書をご参照ください。

 

【報道発表資料】「全国アイメイト(盲導犬)使用者へのアンケート調査2020」結果公表(PDF)

 

「全国アイメイト(盲導犬)使用者へのアンケート調査2020」報告書(PDF)

和カフェで和菓子とお茶を楽しむ
靴を選ぶアイメイト使用者(丸井錦糸町店)

 

 

 

この記事をシェア

3月見学日 中止のお知らせ

posted on 2020年3月18日

毎月最終土曜日に開催している見学日について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、2月に引き続き3月開催分も中止を決定しました。

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

次回の開催日程につきましては、現在未定となっております。

決まり次第、改めてお知らせ致します。

この記事をシェア

連載コラム 新シリーズスタート

posted on 2020年3月5日

 アイメイト協会のHPでは、「視覚障害者支援 連載コラム」と題して、アイメイト協会の活動にとどまらず、さまざまな団体・個人による視覚障害者支援に関する話題を不定期のコラムとしてお届けしています。

 

 第一弾の、「アイメイト協会の歩行指導 4週間密着レポート!」では、レポーターのアイコがアイメイト協会の歩行指導について10回にわたりお伝えしてきました。毎回楽しみにしています、とのお声もいただきどうもありがとうございました。まだご覧になっていない方はこちらからぜひご覧ください。

 

 そして、新たなシリーズの連載がスタートしましたのでお知らせいたします。新しく始まったのは、「ブラインド×スポーツ スポーツに取り組む視覚障害者」です。このシリーズでは、視覚障害者が取り組むスポーツを取り上げ、競技として、趣味として、スポーツに取り組む方へのインタビューを通じて、そのチャレンジ精神やバリアを乗り越えてきた工夫、そして視覚障害者スポーツの魅力を伝えていきます。

 

 東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、共生社会という言葉を以前よりも多く耳にするようになったり、パラスポーツについて知る機会が増えたと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回公開したのは、ブラインドサッカーとブラインドマラソンに関わる3名の方のインタビューです。

 

『声』でコミュニケーションする ブラインド×サッカー」 

駒崎広幸さん 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会 D&I事業部(ダイバーシティ・アンド・インクルージョン)/埼玉T.Wings所属

 

 

 

 

 

障害の有無にかかわらず楽しめるブランドサッカー観戦」 

宮島大輔さん 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会 大会・地域連携事業部

 

 

 

 

 

 

走ることで『地に足のついた』自信を得られた ブラインド×マラソン

重田雅敏さん 

アキレスインターナショナルジャパン代表 

 

 

 

 

プレーヤーとして、大会運営や競技の振興を担う側としてなど、それぞれの立場からの貴重なお話をたくさんお聞かせいただきました。それぞれの方がサッカー/マラソンに関わるようになったきっかけ、どのような気持ちで取り組まれているのか、各競技の魅力などが、読む人の心に残るエピソードと共に語られています。

この記事をシェア