ブラインド×スポーツ スポーツに取り組む視覚障害者

アイメイト協会がめざすゴールは、「視覚障害者が、白杖や晴眼者の助けなく、犬とだけで単独歩行できること」。アイメイトとの単独歩行は、視覚障害者が社会参加していくための手段でもあります。

「目が見えないと何もできないのではないか」という誤解をもたれることがありますが、視覚に障害があっても、さまざまな趣味やスポーツを楽しみ、仕事で活躍している方たちはたくさんいます。

このシリーズでは、視覚障害者が取り組むスポーツを取り上げ、競技として、趣味として、スポーツに取り組む方へのインタビューを通じて、そのチャレンジ精神やバリアを乗り越えてきた工夫、そして視覚障害者スポーツの魅力を伝えていきます。

ブラインドサッカー

「声」でコミュニケーションする ブラインド×サッカー (1)

「声」でコミュニケーションする ブラインド×サッカー (2)

障害の有無にかかわらず楽しめるブランドサッカー観戦

ブラインドマラソン

走ることで「地に足のついた」自信を得られた ブラインド×マラソン (1)

走ることで「地に足のついた」自信を得られた ブラインド×マラソン (2)

走ることで「地に足のついた」自信を得られた ブラインド×マラソン (3)

2020年2月27日公開